京都御苑 光の記憶(春12)Kyoto Gyoen National Garden








サトザクラ


f0374885_22151569.jpg















f0374885_22154582.jpg












f0374885_23120667.jpg














f0374885_22162010.jpg


御苑南西部にある「出水の小川」周辺は「サトザクラ」の名所です。カンザン(関山)、ショウゲツ(松月)、フゲンゾウ
(普賢像)、黄緑色の花が咲くギョイコウ(御衣黄)があります。

出水の小川

最近まで御所には防火等のための「御所水道」が引かれていました。明治に開かれた琵琶湖疎水を三条蹴上で
分水した専用水路です。
1981(昭和56)年、そのうち御所周りの流路「御溝水」(みかわみず)から導水して
作ったのが「出水の小川」です。
長さ110メートル、深さ約20センチ。川底は苑路と同じ琵琶湖安曇川産の石を
敷いています。

1992(平成4)年の御所水道閉鎖により、今は井戸からの地下水を循環ろ過して流れを維持しています。

                                                           …立て看板より引用

夏になると近所のこども達が出水の小川で水遊びをします。わずかですがテーブルとベンチも設置されており、昼食などを食べる
家族連れや“女子会”の姿が見られます。休日には御苑で一番人気のある場所です。
小川にはクレソンなどの水草も繁茂しています。

※掲載した桜の写真は、ほとんどが20年以上前に撮影したものです。一部画質の悪いものがありますが、すでに朽ち果てた桜の木もあり
 “鎮魂”の意味を込めて掲載しました。








[PR]
by kame-fukusima | 2017-03-14 09:08 | 京都御苑 Kyoto Gyoen Na