紅梅七題


f0374885_20412692.jpg

nikon d3300 ai micro-nikkor 55mm 1:2.8 raw現像









f0374885_20420823.jpg









f0374885_20442883.jpg









f0374885_20444986.jpg
nikon d3300 ai micro-nikkor 55mm 1:2.8 raw現像










f0374885_20450935.jpg









f0374885_20453441.jpg









f0374885_20455315.jpg




紅梅の香なきは艶なる女の歌ごゝろ無きが如し。香あるはいと嬉し。

まだ新しくて青き光失せぬ建仁寺籬折りまはしたる小さき坪の中に咲き出でたる、

あるはまたよろづ黒みわたりたる古き大寺の書院の椽近く匂ひこぼるるなど、

云ひがたき佳きおもむきあり。梅は白きこそよけれ紅なるは好ましからずなんど賢しげにいふ人は、

心ざまむげに賤し。花は彼此をくらべて甲乙をいふべきものかは。

露伴翁…花のいろいろ「紅梅」の項









[PR]
by kame-fukusima | 2017-03-04 07:05 | 京都御苑 Kyoto Gyoen Na