2017年 03月 08日 ( 1 )






モクレン













f0374885_07232746.jpg




玉蘭花

もくれんは辛夷(コブシ)の類なり。花白きあり紫なるあれど、玉蘭といへば白き方をさすなるべし。

散りぎははおもしからねど、今や咲かんとする時のさまいと心地よく見ゆ。

たとえば肥えて丈高き女の、雪と色白きが如し、眉つき眼つきは好くもあれ悪くもあれ、

遠くより見たるに先づ心ひかる。

されど此花の姿の、何となく漢(から)めきたるは、好かぬ人もあるべし。

さる代りには、大寺の庭などに咲きて、其漢めきたるところあるがために褒めたたえらるることもあるなるべし。

露伴翁…花のいろいろ「玉蘭花」の項

※「漢」…男の意






[PR]
by kame-fukusima | 2017-03-08 00:07 | 京都御苑

京都と各地で見かけた光景を投稿します。リンクは自由です。


by kame-fukushima