2017年 04月 02日 ( 1 )

金沢-大聖寺紀行13





麗しき金澤商家群

f0374885_11360164.jpg









f0374885_11362305.jpg









f0374885_11364506.jpg








f0374885_11371241.jpg









f0374885_11373714.jpg










f0374885_11381718.jpg








久保市乙剣宮(番外)

f0374885_11384601.jpg


わたしは古い町並みが好きである。旅に出れば地図も持たず、スマホとやらも手にせず(高くて買えないのだが)、あちこち歩き回る。クルマは苦手なので行動範囲は狭くなるが自分の足を信じ、気の向くままに風を読み、匂いを嗅ぎ “徘徊“ する。ときには不審者に間違えられ、おばさんたちにとり囲まれたこともあった(二十歳の頃だが)。だが今では、膝が痛い、腰が痛いと愚痴り、旅に出るのも近所を散歩するのも億劫になってきた。

気がかりなのは、ここ一年のことだが、バブル以来の町並みの激変である。地元京都市ではそれが顕著である。こないだまであった立派な長屋門が無くなり、更地になっていた、ということがしょっちゅうである。更地には、「ホテル」が建つという白い看板が。今はやりのアレである。このままでは無名の棟梁たちが建てた“銘家”・“迷家”が絶滅しかねない、という危惧がある。で、手遅れ(意味が分らん)にならないうちに記録に残しておきたい…というが、ただ好きなだけです


撮影:2010.7
camera:canon ixy digital l




[PR]
by kame-fukusima | 2017-04-02 20:07 | 金沢