2017年 04月 06日 ( 1 )

金沢-大聖寺紀行16





“日本一の富豪村” 北前船の里・橋立

北前船の里資料館

f0374885_16282099.jpg


北前船の里資料館では、船主が使用していた陶磁器、漆器、船箪笥など種々の資料が贅沢極まる邸内に所狭しと展示されている。興味をひいたのは船主が日常生活を送る一階の座敷が漆塗りであること。金沢のお茶屋さんでも座敷や階段などで漆塗りは見受けられたものの、重厚な柱、梁、天井など七回ほど漆が塗られているというのは珍しいのではないだろうか。通常、漆塗りは三回ほどとか。
船箪笥が二十棹ばかり展示してあるのは圧巻である。船箪笥好きの私としては、一棹持ち帰りたいくらいであった。室内の写真を撮ろうと思ったがストロボの設定が出来ず不発に終わってしまった(十数年使用しているコンパクトデジカメも買い換え時期がきたようだ)。
庭園はというと、主な庭石や灯籠などは処分されてしまったのか、威容を誇るシラカシだけがかつての繁栄ぶりを思い起こさせるだけで寂しい状態である




                             北前船の里資料館遠景

f0374885_16294372.jpg






f0374885_16305449.jpg

家屋の外観は、切妻造妻入りの屋根をかけ、その周りに下屋を設けている。屋根には赤瓦が葺かれ、棟に笏谷石を載せているのが特徴という。外壁は潮風を防ぐため、竪板で覆われている







蔵六園

f0374885_16312164.jpg

この建物は、江戸時代から明治時代中期にかけて北前船の船主として財をなした酒屋家の別宅としてに建てられたたもの。庭園は天保年間に作庭されたもので、大聖寺藩主が訪れた際、庭園の庭石が亀(蔵六)に似ていたことから蔵六園と名づけたと伝えられている。主屋は明治3年(1870)頃に建てられたもので総欅造り漆塗り、当時の北前船の船主の繁栄が伺えるもので敷地内にある門や土蔵などと共に国登録有形文化財に指定されている。
時間が無かったのでこちらは見学していない。次回は見学したいものだ






f0374885_16315626.jpg

道路の見事な敷石などからもかつての繁栄ぶりを窺い知ることができる





f0374885_16320825.jpg






f0374885_16324879.jpg






f0374885_16325720.jpg

大正時代には新聞や雑誌で日本一の富豪村と全国に紹介された





f0374885_16333610.jpg

寛政8年(1798)に編纂された「船道定法之記」によると当時の橋立町には30数名の船主が名を連ね100隻を超える北前船を所持していたと記されている。経済的にも豊かになった橋立町には西出・久保・酒谷・黒田・西谷といった船主達が財を成したといわれる。有り余る財で橋立に早くから電線を引き、夜でも昼のように外灯を灯していたとか。
北前船は大阪から北海道までの一航海で、現在の貨幣価値にすると一億円の利益を上げたといわれている。だが航海のリスクも多く、嵐により沈没する船もあったことは想像に難しくない。船主は財を成しても船員たちの給料は高くはなかったと伝えられている。
明治時代後期になると次第に北前船などの海運業が廃れ、現在は最盛期の賑わいはない(通信の発達と大規模な汽船による運搬、それに陸運が活発になり小規模な海運業は廃れたようだ)。
橋立は明治時代に建てられた船主達の屋敷が点在し国の 重要伝統的建造物群保存地区指定されている

橋立へはJR加賀温泉駅からバスで30分で行けます。

撮影:2015.2
camera:pentax optio s



[PR]
by kame-fukusima | 2017-04-06 21:12 | 北陸紀行