金沢-大聖寺紀行15





魅せられし “ 白き館 “

f0374885_13042425.jpg









f0374885_13044910.jpg









f0374885_13051199.jpg









f0374885_13053499.jpg










f0374885_13060390.jpg









f0374885_13062416.jpg








f0374885_13064742.jpg









f0374885_13072814.jpg

近江町市場を見学し、付近を探索していると白亜の洋館(かつてはそうであったと思われる)が目の前に現れた。素敵だ、大いに心の琴線に触れる。玄関の造作はギリシアの神殿を模したかのようだ。エンタシスの柱がお洒落であるし、実に手の込んだ造りだ。一見、廃墟かとも思ったが玄関前には盆栽が整然と置かれていたことから推測するに廃墟にあらず。それでは住宅かとも思ったが、盆栽以外には生活感のカケラも見当たらない。わずかに開いた戸の隙間から、呼び入れるように見目うるわしき女人が手招きをしている、って『怪異譚』じゃあるまいしそんな夢のような話はない。イカンまた妄想が…

雨の降る中、傘を差しながら片手で写真を撮っていると、訝しく思ったのか道いく人が立ち止まって見ている。
一通り撮影を終え建物を観察してみると、現在は倉庫として利用されているようである。竣工当時は地方の銀行か郵便局、あるいは事務所として利用されていたのだろうか。採光や換気には十分に気を遣っている上に、二階には非常口らしき所も一カ所ある。良く出来ている(上から目線かよ)。リノベーションを行い “ふるカフェ系” に如何なものかと…
収穫のある金沢への小旅行であった。

次回は、金沢市の西方にある北前船のふる里 “日本一の富豪村“・ 橋立を紹介します


撮影:2010.7
camera:canon ixy digital l






[PR]
by kame-fukusima | 2017-04-04 20:33 | 金沢

金沢-大聖寺紀行14





魅せる金沢の町並み

f0374885_14103783.jpg


しつこいようだが、いま暫く家並みにお付き合いを…






うだつ(?)のある家

f0374885_14110151.jpg










f0374885_14115986.jpg










このお家も “ふるカフェ系” ?

f0374885_14121907.jpg










f0374885_14124365.jpg










泉鏡花記念館

f0374885_14130163.jpg










ちょっと休憩

f0374885_14132738.jpg
泉鏡花記念館付近で見かけた花の盛りを過ぎた紫陽花

“ 花はさかりに、月はくまなきをのみ見るものかは… “







f0374885_14140760.jpg









木造三階建ての民家
f0374885_14143195.jpg


内外とも植物に囲まれた民家。西隣に “白亜の館” がある。
木造三階建ての民家は、金沢市や私の住む京都市でもよく見かける










たそがれ時の金沢市内
f0374885_14145826.jpg


香林坊より長町武家屋敷跡を望む



金沢市では年間三百軒前後の町家が取り壊されてきた。以前、金沢市中心街の駐車場不足を補う目的として、金沢市の支援の元、数多くの町家を取り壊し駐車場にする事業を推進したという。
時代が変り、近年市民の歴史的資源としての金沢町屋への認識が高まるとともに、行政側も平成20年3月に『金澤町家継承・利用活性化基本計画』を策定し、歴史的建築物の保存と活用に取り組んでいくという。

古い町家は住むには不便なことが多い。冬はたまらなく寒いので暖房代がかさむし、間取りは現代には合わず使いかってが悪い。メンテナンス費用もばかにならない。そんなこともありどんどん取り壊されてモダンな住宅に生まれ変わる。
ところがである。京都では若い人がそこが面白いといって好んで住む人が増えているという。西陣あたりの長屋なら家賃も安く済むし、近所付合いが苦手でなければよい選択である。管理人不在の、セキュリティに不安の残る町家のゲストハウスがどんどん増えるより、余ほどよいと思うのだが。難しいのは、家主が若い人に貸し出すことに不安を感じていることだ。間に仲介する行政や法人が必要とされるかなぁ…と、またまた妄想が

京都には西陣紋屋町にある “三上家路地“ や清水寺西にある “あじき路地” が工芸などに携わる若い人たち人気があり、住みたいという希望者が多いという。観光にも一役かっており、地域の活性化に貢献している


撮影:2010.7
camera:canon ixy digital l






[PR]
by kame-fukusima | 2017-04-03 20:11 | 金沢

金沢-大聖寺紀行13





麗しき金澤商家群

f0374885_11360164.jpg









f0374885_11362305.jpg









f0374885_11364506.jpg








f0374885_11371241.jpg









f0374885_11373714.jpg










f0374885_11381718.jpg








久保市乙剣宮(番外)

f0374885_11384601.jpg


わたしは古い町並みが好きである。旅に出れば地図も持たず、スマホとやらも手にせず(高くて買えないのだが)、あちこち歩き回る。クルマは苦手なので行動範囲は狭くなるが自分の足を信じ、気の向くままに風を読み、匂いを嗅ぎ “徘徊“ する。ときには不審者に間違えられ、おばさんたちにとり囲まれたこともあった(二十歳の頃だが)。だが今では、膝が痛い、腰が痛いと愚痴り、旅に出るのも近所を散歩するのも億劫になってきた。

気がかりなのは、ここ一年のことだが、バブル以来の町並みの激変である。地元京都市ではそれが顕著である。こないだまであった立派な長屋門が無くなり、更地になっていた、ということがしょっちゅうである。更地には、「ホテル」が建つという白い看板が。今はやりのアレである。このままでは無名の棟梁たちが建てた“銘家”・“迷家”が絶滅しかねない、という危惧がある。で、手遅れ(意味が分らん)にならないうちに記録に残しておきたい…というが、ただ好きなだけです


撮影:2010.7
camera:canon ixy digital l




[PR]
by kame-fukusima | 2017-04-02 20:07 | 金沢

金沢-大聖寺紀行12






魅せられし商家


f0374885_09573393.jpg









f0374885_09575821.jpg








f0374885_09582978.jpg










f0374885_09590362.jpg











f0374885_10111373.jpg







f0374885_10014001.jpg









f0374885_10023129.jpg









f0374885_10032993.jpg

例によって金沢市内をぶらぶら歩いていると、とある一軒の家が目に止まり釘付け状態になった。「こっ、これは…」と独白。一見民家のようであり、大きな商家のようにも見える。生来の “銘家” 好きの血が騒ぐ。すかさず胸ポケットからカメラを取り出し撮影する。
すると若女将らしき妙齢のご婦人が通りかかり「珍しいですか」と声をかけてきて、格子とすだれの効用について教えてくれた。その昔、お殿様御一行が街道を練り歩き通る際、直接顔を出して拝見するのは畏れ多いので格子越し・すだれ越しに外の様子を窺ったものとのこと。
格子という物はいくつもの効用があり便利である。家の中からは外が見えるが、一方で外からは中の様子が分らない。防犯を兼ねるし強風の被害も防げる。

ところで商家とするとこの家は何屋さん? 通りに面した部屋の造りを外から見ると、高いところに換気を考えた通気用の小窓があり格子の奥には戸が立っていないので換気は万全のようだ。部屋の横には通用口があるところを見ると “おくどさん“ を多数備えた台所だろうか。何を生業とするかは分らぬが、多くの使用人を抱えていたことは想像に難しくない…などと妄想に浸りながら撮影していた記憶がある


撮影:2010.7
camera:canon ixy digital l









[PR]
by kame-fukusima | 2017-04-01 06:33 | 金沢

金沢-大聖寺紀行11






主計街(かずえまち)

f0374885_19192979.jpg









f0374885_19200661.jpg


この木は、梢の下で繰り広げられる幾多の人間ドラマを目にしたことであろう。

今ではこのような雰囲気は残っていないと思う。五年後に再訪したときは、付近には先般 “ふるカフェ系” で紹介された喫茶店ができていた。
年配の店のご主人は、二階に通じる階段を上がったり降りたり忙しそうであった(膝は大丈夫だろうか)。
二階のお座敷の浅野川に面した席がお薦め









f0374885_19244143.jpg










f0374885_19250554.jpg










f0374885_19253629.jpg










f0374885_19260015.jpg

主計街には翳りがある(あくまで主観ですよ)。
夜中に辻々を巡ってみたいものだ。
ドラマが生まれる予感…









f0374885_19272218.jpg

この階段があることにより小説が一本書ける…

誰が名付けた 「暗がり坂」









f0374885_19274520.jpg

主計街東詰め









f0374885_19280571.jpg

浅野川を挟んで主計街を望む



撮影:2010.7
camera:canon ixy digital l


[PR]
by kame-fukusima | 2017-03-31 08:17 | 金沢

金沢-大聖寺紀行10






    ちゃやがい
ひがし茶屋街

f0374885_22053875.jpg
ひがし茶屋街では “懐華楼“ と “志摩“ の二軒のお茶屋さんが内部を公開している。そのうちの一軒 “志摩” さんの前から町並みを撮影
        







f0374885_22060274.jpg
日曜日であったがこの日は通りを歩く観光客は少なめ。現在では北陸新幹線が金沢まで開通したので大混雑のことと思う









f0374885_22062422.jpg
風格漂うお茶屋さんの建物は歴史の重みを感じさせる









f0374885_22071904.jpg
よく似たお茶屋さんの建物が整然と軒を並べている








f0374885_22074119.jpg
京都あたりの格子と比べるとその細さが際立っている。
犬矢来の代わりに、格子戸の基礎にあたる部分にハカマ(?)を設えている。雪や雨から建物を守るための工夫に見える








f0374885_22085610.jpg









f0374885_22091772.jpg
外光を取り入れるため、ガラスをはめ込んだ雨戸のように見える。雪国ならではの工夫のようだ。
夏には、室内は夏向きのしつらえとなり、各部屋の襖や障子戸を簾戸(すど)に入れ替えるので、風情が感じられるという








f0374885_22093885.jpg
軒や庇はさほど建物から飛び出してはいない。雪や雨を防ぐというよりは外光を取り入れることに重きを置いているようだ








f0374885_22100884.jpg
通りの東外れより茶屋街を撮影。見事なほど整然とした町並みで、清潔感を感じ見ていて気持ちがよい









f0374885_22103540.jpg
裏通りに入ると紅殻格子の家が出迎えてくれる。割と新しい家のようで紅殻色が目に眩しい。
金沢では、お客様を “色”(勘違いしないこと)でもてなすという。紅殻色・群青色の壁、あるいは九谷焼きに見られるような「五彩」とよばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色を使う派手な色合いの器で “おもてなし” をするようである。わけても陶芸家・三代目徳田八十吉氏(人間国宝)の眩いばかりの群青色は独特なものだ。それが金沢では人気があるという。“あこがれの色“ というものは、風土によるものがあるのだろうか…









f0374885_22105677.jpg
        二階の“雨戸”も外光を沢山取り入れるように作られているようだ









f0374885_22112100.jpg








f0374885_22114191.jpg
茶屋街の外れで見かけた住宅。ひょっとしたらお茶屋さんか。
北陸をはじめ日本海側の住宅では、周囲の壁面に、横板を張りめぐらしたものをよく見かける。この造りは風雪や塩害に強いのだろうか。とりわけ海に面した漁師さんの住宅に顕著に見られる(私にはそう見える)。屋根瓦を見ても黒瓦・赤瓦とあるが石州瓦が石川県から山口県にかけては使われているような気がしてならない。調べてみよう…

次回は二つ目の茶屋街・主計街(かずえまち)を投稿します


撮影:2010.7
camera:canon ixy digital l









[PR]
by kame-fukusima | 2017-03-30 10:06 | 金沢

金沢-大聖寺紀行9








ひがし茶屋街(ちゃやがい)

f0374885_21204612.jpg

ひがし茶屋街は金沢市に三つある茶屋街のうち一番規模が大きい。平成13年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、格子戸、石畳の町並みが美しいところである。見学できるお茶屋さんも二軒あるので、時間に余裕があり混雑をものともしない方にはお薦め。cafeや
土産物店もあるので退屈しないと思う。京都あたりの花街と比べると規模は小さめだが、裏通りまですっきりとして綺麗な街である





[PR]
by kame-fukusima | 2017-03-29 10:05 | 金沢

金沢-大聖寺紀行8







長町武家屋敷跡

f0374885_20560076.jpg









長町武家屋敷跡

f0374885_20561960.jpg
長町界隈は、金沢市の伝統環境保存区域および景観地区に指定されている。土塀などの修繕には毎年市費の援助がなされているという。
土塀や石畳が綺麗に管理されていてモダンな “武家屋敷跡“ という印象。積雪期には土塀を雪から守るため “こも掛け” が行われる










長町武家屋敷跡・大野床用水

f0374885_20563949.jpg
長町の中心部を流れる大野庄用水は灌漑、物資運搬、防火、防御、融雪などの多目的用水だが、金沢城築城に大きな役割を果たしたといわれる。犀川桜橋の上流右岸地点で取水している。長町武家屋敷周辺では土塀沿いを流れ、その流れは今でも屋敷内庭園の曲水に利用されている。この界隈は、繁華街に近く古いものと新しいものが混在している。
金沢市には用水路が数多くあり、その総延長は150kmにもなるという。日本一の美しい多目的用水路を持っていることは金沢市の誇りでもある









長町武家屋敷跡

f0374885_20570310.jpg
和菓子店の屋根の上で瓦拭き職人が作業をしていたのでパチリ。
この界隈はぽつりぽつりと見所や土産店もあり散策するには良いところである。地図を持たずに気の向くまま歩いていると、あらぬ方向に向かっていることがあるので注意が必要である(汗)。
一日目は金沢城公園、兼六園、石川県立美術館、長町武家屋敷跡と駆け足で廻ってきたので大変疲れた。近くの居酒屋で夕食を済ませ香林坊にあるホテルに宿泊。
明日はひがし茶屋街あたりを探索しよう…

ろくに下調べをせずにこの時の小旅行を思い立ったので、“長町武家屋敷跡” 野村家を見学せずに終えたことは残念であった

撮影:2010.7
camera:canon ixy digital l






[PR]
by kame-fukusima | 2017-03-28 06:16 | 金沢

金沢-大聖寺紀行7






兼六園-苔五題

f0374885_20411196.jpg











f0374885_20413603.jpg











f0374885_20421091.jpg










f0374885_20423646.jpg











f0374885_20425851.jpg
桂坂口より入園すると青々とした苔庭が出現する。苔好きな私としてはただ通り過ぎるわけにはいかない。
他の入園者は苔には目もくれず、ことじ灯籠のある霞ヶ池の方向へ向かって行く…










辰巳用水
f0374885_20432513.jpg
辰巳用水は金沢城の防火用水を確保するためなどに設置した用水で、後に兼六園の曲水として用いられることになった。用水の取り入れは、金沢の南を流れる犀川の上流で、兼六園から約10km離れた上辰巳町にあるという。“ブラタモリ“ で詳細に紹介されていたことを覚えている方も居られるだろう。今も昔も変わらず園内に水を運んで、渓流や滝、池泉など美しい庭景を保っている。

写真は “花見橋“ から撮影。橋から見る花の眺めがすばらしいことからこの名前がついたという。花の季節になると、緩やかに流れる曲水に沿って、桜、カキツバタ、サツキ、ツツジなどが咲き誇る。この用水が霞ヶ池に流れ込む










辰巳用水
f0374885_20435395.jpg
この時から五年後に再び兼六園を訪れ、真弓坂口周辺、蓮池門旧址、瓢池、そして成巽閣(せいそんかく)等などを見学し、大いに楽しんだものである。
ところが…その時撮影した沢山のデータが見当たらない。パソコン内を幾度探しても見当たらないので、恐らくはSDカードをデータ移行を終えたものと思いフォーマットしたのではないかと思う。

“成巽閣“ は前田家の奥方たちが住んだところである。豪華な「謁見の間」や花々を描いたふすま絵、二階に設えた「群青の間」はコバルト色の色鮮やかな壁が今でも作られた当時と同じく精彩を放っている。この色壁は金沢でしか見られないのではないだろうか。また、ガラス好きには堪らなく魅力的なオランダ渡りのギヤマンなども展示されており、見所が幾つもある建物である。時間に余裕があれば是非見ておきたいものだ

次回は武家屋敷跡を投稿します





[PR]
by kame-fukusima | 2017-03-27 06:01 | 金沢

金沢-大聖寺紀行6





兼六園

青 鷺 氏 の 散 歩

f0374885_20343322.jpg










f0374885_20350043.jpg
金沢城公園を散策後、桂坂口より兼六園に入る。霞ヶ池に向かって歩いていると突如アオサギが舞い降りた。
後を追ってみた…












徽軫灯籠(ことじとうろう)

f0374885_20352627.jpg
ことじ灯籠の前でポーズを決めてくれたのがニクイ。カメラマンが一斉にシャッターを切る










f0374885_20355247.jpg
2015年に兼六園を訪れたときもアオサギを見かけた。この場所が餌場になっているようである












内 橋 亭

f0374885_20362524.jpg
霞ヶ池は兼六園のほぼ中心部に位置する。園内で最も大きな池で深さは最も深いところで1.5mあるという。栄螺山、内橋亭、徽軫灯籠、
虹橋、唐崎松、蓬莱島などの名勝がこの霞ヶ池の周辺に配され、廻遊しながら四季折々の庭景を楽しめる

撮影:2010.7
camera:canon ixy digital l










[PR]
by kame-fukusima | 2017-03-26 07:03 | 金沢