カテゴリ:古寺巡礼( 47 )




嘉祥二年(849)、慈覚大師によって伽藍が建立され 阿弥陀・釈迦・大日の
三尊を安置したので三佛寺といわれるようになったという。
ただし、慈覚大師の来山は史実には明らかではない。源頼朝、足利義満ともに
同寺を尊崇し、盛時は38寺49院を数えたというが、 兵火によりその多くを
焼失したという。




本堂
f0374885_10244531.jpg

江戸時代後期、天保10年(1839年)の再建。県文化財に指定されている。
 平成19年に解体修理を行っている。修理前は屋根からの雨漏りがひどい状態の上、
本堂下部には伏流水による空洞ができており建物は傾いていたという




宝形造りの本堂

f0374885_10251423.jpg








本堂裏手

f0374885_10253736.jpg

あと10年も経てば、古色がつき良い雰囲気になるだろう








垣間見える文殊堂

f0374885_10260503.jpg

本堂から先へは進めないので遠く仰ぎ見る。
参道奥には国宝投入堂をはじめ多くの重要文化財の建造物がある。





狛犬

f0374885_10270699.jpg

見応えのある狛犬であった





いわくありげな大岩

f0374885_10273262.jpg

通常、冬季期間はここまでしか進めない







本堂前の杉三題

f0374885_10275777.jpg







f0374885_10284893.jpg







f0374885_10291115.jpg

本堂前に佇んでいると日が射してきた。その変化を楽しむ








仰ぎ見る奥院投入堂(投入堂遥拝所より)

f0374885_10300577.jpg


「役行者が三徳山を訪れた時、その山のふもとでお堂をつくりました。
役行者は法力でお堂を手のひらに乗るほどに小さくし、大きな掛け声と共に
断崖絶壁にある岩窟に投入れたと言われています。
このことから「投入堂」と呼ばれるようになりました。」
…ホームページより引用

分りにくいが写真上部崖下に投入堂がある。
15年前のコンパクトカメラではこれが限界(とカメラに責任転嫁)。
いまだに現役、世界最小デジタルカメラ(発売時)。胸ポケットに入り、
ファインダーも付いてるし、矢立代わりに旅のお供はいつもこれ→optio s
この機種三台持っているけど、最初に購入したものが一番写りが良い。
個体差ありすぎるなぁ…







参道入口バス停

f0374885_10302910.jpg


参拝を終え、食事の出来るところを探したところ、バス通りに二軒の食事のできる店
を見つけたがなんと冬季は営業していなかった。空腹を抱え寒さに震えていた時、
参道を上がってすぐの所に谷川天狗堂という店があったことを思い出した。
店の前には新雪が積もったままであったし、お休みかもしれないとは思ったが
藁にもすがる思いで再び参道を登ってみた。戸口で店内を覗いたところ
店の主人と目が合い、中に入り営業していることを知り一安心。

ストーブがあり身体を温めることができほっと一息。
お薦めの山菜天ぷらうどんを注文し待つこと20分、山盛りの山菜の
天ぷらにちょっとビックリ。出汁もよく利いて味が良いのに感激する。
聞けば積雪期にはほとんど参拝者は来ないとのこと(今日は数名いたなぁ)。
例年この時期の積雪は60㎝は越えるそうだ。

壁に『のだめ』のテレビドラマで指揮者の役をしていたタレントの写真を
見つけたので、ここに来たのかと尋ねたところ、そうだという。前年来たそうである。
あのドラマは好きで好きで幾度見たことか。“のだめ”の弾くピアノの音が実に良かった。
それもそのはず、有名なピアニストの音であった。
原作の漫画も全巻買って読んだな、と思いながらつゆも残さず完食。

店の主人に礼を述べ、再び参道入口バス停からバスに乗りいざ倉吉へ










[PR]
by kame-fukusima | 2018-01-08 08:36 | 古寺巡礼



一昨年の二月、年度末の迫る中三日間の休暇をとり三徳山三佛寺、倉吉、
そして三朝温泉への二泊三日の旅に出た。
三徳山三佛寺は一度は来たかったところである。天下に名の轟くあの投入堂
のあるところなのだから。土門拳さんをはじめ、著名人がここを訪れている。
年齢を重ねると投入堂までの道は険しくきついようである。土門さんは不自由
な身体でもあったので、数人の手助けを借りて投入堂へ登ったと本で読んだ
ことがある。
なお、冬季は本堂までしか参拝は許されていない。



f0374885_06064963.jpg




三徳山三佛寺

三徳山三佛寺は天台宗修験道三徳山法流の寺である。
鳥取県のほぼ中央、中国山脈の脊梁部北側に位置し、周囲は高い山々に囲まれ
変化に富んだ渓谷美を見せる。断崖絶壁や大岩窟が入り乱れ四季折々の美しい
景観を呈し、一帯は史跡名勝に指定されている。



三徳山参道入口
f0374885_18284041.jpg








三徳山参道入口

f0374885_18291438.jpg

午前十時頃参道入口に到着する。すでに数名の参拝者らしき人の足跡あり






皆成院前の参道

f0374885_18294039.jpg

積雪はあるが沢の水を傾斜を利用して流しているので、歩行に困難は無い







輪光院山門

f0374885_18300735.jpg

境内から撮影したもの。こちら側の方が山間の寺院の雰囲気がある









輪光院庭園

f0374885_18302935.jpg









輪光院十二支の地蔵

f0374885_18305176.jpg

いわれは分らぬが十二体それぞれのポーズが異なる







f0374885_18311402.jpg









宝物殿前の石仏三題

f0374885_18314090.jpg

時代はありそうだが由来は分らず。苔むし、風化が進んでいる







f0374885_18320625.jpg








f0374885_18323275.jpg

顔立ちに特徴のある石仏群である







本堂

f0374885_18330324.jpg









三佛寺

f0374885_18333141.jpg

・・・続きます

※お正月にブログ内の記事と写真を掃除していたところこの記事を見つけ、削除しようとしたが思い直し、
『古寺巡礼』シリーズに再編集してみました^^;




[PR]
by kame-fukusima | 2018-01-08 06:10 | 古寺巡礼




湖東遍歴二日目の旅の幕あけは、永源寺から始まった。
紅葉の盛りは過ぎてはいたが、かえって物見遊山の人も少なく
境内をのんびりと散策することができたのである。

永源寺は禅宗の寺院である。
修行僧が一列に並んで境内を行き来する姿を見ることが出来た。
その後ろ姿をレンズシャッターの写真機で撮影したところ、
修行僧が後ろを振り返った。
シャッター音に気づいた修行僧に、私の方こそ驚いた。
小さな物音によく気づいたものだ、と。
きっと山での修行により神経が研ぎ澄まされているのだろう。
街に住む者には気づくはずもない。





永源寺法堂








永源寺総門








永源寺山門








永源寺境内

f0374885_20185558.jpg







f0374885_20191609.jpg





永源寺専門道場

f0374885_20193670.jpg







f0374885_20201038.jpg
修行僧が道場へ入っていく





永源寺法堂

f0374885_20204895.jpg







百済寺赤門



この門をくぐる人はほとんど無く、あたりには静寂な空気が漂っていた





百済寺極楽橋

f0374885_20213573.jpg
歩いて百済寺を訪れる人は少なく、この橋も寂しげに見える・・・





百済寺参道

f0374885_20215242.jpg







f0374885_20221609.jpg





百済寺仁王門



















f0374885_20231465.jpg






千年菩提樹
f0374885_20233403.jpg
本堂の傍らにある菩提樹
天正元年に信長の軍勢にこの木も焼かれたが、根が残っていたため息を吹き返した。
真ん中の穴がその時の幹の大きさと伝わる



比叡山同様に湖東三山も信長の軍勢の焼き討ちにあった。
中でも百済寺の被害は甚大で全山灰燼に帰した。
山には三百の僧坊が建ち並んでいたが、伽藍とともに焼失したという。

その信長も明智光秀の謀反に遭い、命を失った



「人間五十年 下天のうちをくらべれば 

夢幻のごとくなり

一度生を享け 滅せぬもののあるべきか」

※信長は『敦盛』の舞を好んだと伝わる



撮影年月:1989年12月上旬



色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り


[PR]
by kame-fukusima | 2017-11-25 21:01 | 古寺巡礼



金剛輪寺を含め「湖東三山」の紅葉は京都の寺院とは趣きを異にする。
長い参道は苔むした石畳や石段からなっており、道の両側には華やかさこそ無いが、
真っ赤に紅葉したモミジが訪れる者の眼を楽しませてくれる。

その日は雨模様で時おり風花が舞っていた。
冷たい空気と重々しい雨空から受ける印象は強烈であった。
京都あたりの華やかで、室内から眺めてお茶を啜りながら愛でる紅葉とは
どこか違う、そう思わせる紅葉であった。
「血染めのモミジ」とは引いてしまう呼び名であるが、なるほど
信長に殺められた者たちの怨念の色と言えなくもない。

湖東三山は天台宗の道場という性格を持ち、里から離れたところにある。
道場は山の上にあることから、そこへ至る道は長い石畳と石段が続き、
その両側にはたくさんの僧坊(往時三百の僧坊があったという)があった。
いわば城塞のような性格を併せ持っていたのではないだろうか。

石段とその両側に積んである石積みを眺めるのも、また面白い。



金剛輪寺本堂(国宝)









金剛輪寺参道


f0374885_16491958.jpg






f0374885_16493975.jpg






f0374885_16495988.jpg






f0374885_16511145.jpg




金剛輪寺庭園

f0374885_16514116.jpg






f0374885_16520133.jpg




護摩堂

f0374885_16522525.jpg



参道と百体地蔵


f0374885_16525559.jpg






f0374885_16531508.jpg














f0374885_16540302.jpg






f0374885_16542305.jpg




百体地蔵









f0374885_16550486.jpg






f0374885_16552678.jpg




三重塔(重文)

f0374885_16554833.jpg






f0374885_16560826.jpg







本 堂



「血染めのモミジ」




百済寺へ続く・・・




色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り


[PR]
by kame-fukusima | 2017-11-24 17:06 | 古寺巡礼




西明寺庭園


f0374885_06505694.jpg







f0374885_06512194.jpg








f0374885_06515588.jpg







f0374885_06521632.jpg







f0374885_06524129.jpg




西明寺二天門(重文)





























f0374885_06544149.jpg
ようやく三重塔が姿を現わした






西明寺本堂(国宝)


国宝第一号である。飛騨匠の建築により、三重塔と同様釘を一本も使ってはいないという





三重塔に相対峙し、“かめらおぶすきゅら“ の窓越しににらみ合った。

長い時間、双方とも動くことを出来ずにいた。
だが・・・わしはどうしても “れりーず” を押すことが出来なかったのだ。
三重塔には大日如来さまが鎮座し、そのまわりを三十二菩薩が囲み、
塔を守っていたのである。
わしがいかに強力な“武器“を持っていたところで、
所詮歯が立つ相手ではなかったのである。
はじめから勝敗は決まっていた。
敢えなく“武器“を片付け、撤退を余儀なくされたのである。
とうていわしには歯がたつ相手ではなく、未熟な我が身を呪うしかなかった。

“黒騎士“ 篠山紀信殿のようにはいかなかったのである(古い話だ^^;)。

という訳で・・・三重塔の写真は一枚も撮れませんでした m(_ _)m
あな恐ろしや三重塔!



金剛輪寺へ続きます・・・



色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り


[PR]
by kame-fukusima | 2017-11-23 15:27 | 古寺巡礼



「湖東三山」とは何であるか。
京滋以外に住む者にとっては、馴染みのない言い方であるかと思う。
それはまさしく「山」には違いない。
山は山でも、近年山に賑わいと彩りを添えている山ガールとは縁の無い、
かつては女人禁制であった修行の山である。
山の上には龍が住むか、佛さまが鎮座して居られるか、あるいは見目うるわしき女人が塔の上に
幽閉されているのか、それはハッキリ分らぬ。ならばそれを確かめねばなるまい。
ご用とお急ぎの仕事が無ければ、滑稽な話にお付き合いくだされば有難い。
お急ぎの御仁はこの文は飛ばしてくだされたい m(_ _)m


それほど昔のことではない。
ある年の秋であった。それは寒い朝であったが、わしは諸国(湖東)を遍歴すべく
銀色の面頬のついた兜(ふるふぇーす)を被り、背中の笈(おい)には武器ならぬ一つ目の“かめらおぶすきゅら”
を仕舞い込み、弓手にはこれまた槍ならぬ一脚をかいこんで、全身寒さに耐えられる防寒具という
鎧をまとった姿で鉄馬に跨っていた。右手には鉄馬の手綱・・・もとい、方向舵を握っていたのである。
その姿からは、はた目にはクレイジーな男と映ったであろう。
わしの名を世間では「羅 萬茶」(ら・まんちゃ)の男、と言っておる。

で・・・何を話そうとしたのか忘れてもうたわ・・・(近ごろは物忘れがひどくてな)
えーと・・・そうだ、ある夜寝ていたところ、枕元に観音さまが現れて
「近江国の湖の東、それも人里離れたところに西明寺・金剛輪寺・百済寺という寺がある。
そこへ行けばたいそう美しい紅葉を見ることができる。その紅葉を拝めば三年は寿命が延びる」
というのである。ならばその紅葉とやらを見てみようではないか、と思い立ち
二日間の遍歴の旅に出たのである。ここで気をつけねばならぬことが二つある。
それは信長に焼き殺されたお坊さんたちの亡霊が出る、と言う噂があることなのだ。
それなら尚更行かねばならぬ、成仏するよう弔わなければなるまいて。
もう一つは、なんでも三重塔には “どぅるしねーあ姫” とやらが幽閉されているとか。
であるなら、尚更のこと行ってとこしえに語りつがれる手柄を立てねばなるまい。

なんでも巷の話では湖東三山は、“究極の紅葉の名所”であるとか。
規模こそ大きくはないが、それは落着いた境内で
しみじみと人生を考えることができる山であるとか。数寄者には分る山であるという。

そして・・・
年代物の鉄馬 “陸王” の横っぱらに蹴りを入れ、一路国道一号線を東に走ったのである。


※このハナシは、作者のいつもの妄想によるものです。無視してください ^^;





西明寺参道



















f0374885_17134244.jpg








f0374885_17141104.jpg







f0374885_17143280.jpg










































庭園入口











f0374885_17175114.jpg

















f0374885_17183389.jpg


続きます・・・




色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り


[PR]
by kame-fukusima | 2017-11-22 17:28 | 古寺巡礼


秋晴れの日、久しぶりに東大寺を訪ね正倉院(展)も見てみようと、少しばかり
欲張りな計画を立てました。まずは二十年ぶりに広大な東大寺境内を散策します。
今日用意したカメラのレンズは四十年ほど前のレンズ、ニッコール ai 28mm
f2.8 s 正真正銘一本勝負です。二十年ぶりにデジタルでテスト撮影を兼ねて
使います。さてどうなることやら・・・(カメラはd3300です)。




奈良公園
f0374885_11063427.jpg
画像を click すると大きくなります






大仏殿
f0374885_11065350.jpg
画像を click すると大きくなります






東大寺南大門
f0374885_11071591.jpg







f0374885_11073797.jpg







f0374885_11075649.jpg







f0374885_11081496.jpg







f0374885_11083967.jpg






f0374885_11085981.jpg
秋の奈良といえばやはり柿ですね。民家の景色に似合います。







f0374885_11092271.jpg






二月堂供田(くでん)・東大寺大湯屋
f0374885_11094661.jpg
この田圃は見覚えがあります。スサ○○のブログで見た覚えがあります。ここに
あったのですね。ここを通るのは三度目ですが、今になって気づきました ^^;
あの田圃はいったいどこにあるのだろう、といつも思っていたのです。
いにしえの奈良の景色は絵になりますね。朝といい、夕暮れ時といい、また雨の日、
雪の日の朝などなど・・・考えただけで胸がワクワクします。
奥に見える建物は大湯屋(風呂)です。






f0374885_11100512.jpg
木立の向こうに大仏殿の屋根が見えます。







f0374885_11102355.jpg







f0374885_11104310.jpg
長い築地が続きます。






f0374885_11110235.jpg
二月堂裏参道は、奈良では私の一番好きな道です。二十年前、そして初めて
歩いた四十年前とくらべるとどこか乾いた感じがするけれど、まだまだ昔日の
面影は残っています。この道を、入江泰吉さんは数え切れないほど通ったはず
です。氏のこの道を撮影した写真は私の家の玄関を飾っています。
それにしても人通りが多くなりました。それも外国人がほとんどです。日本人
は一体どこへ行ったのでしょうね。






二月堂
f0374885_11112409.jpg
撮影に夢中になりお参りすることを失念してしまいました。







f0374885_11114557.jpg






正倉院勅使門
f0374885_11120557.jpg
通常は通用口から見学に入ります。右奥に見える建物が正倉院です。







f0374885_11122678.jpg
小学生が課外授業で訪れていました。







f0374885_11124980.jpg
凄みを感じさせる建造物です。長い歴史はダテではありません。






奈良国立博物館
f0374885_11131186.jpg
正倉院展の一番人気は何といっても「緑瑠璃十二曲長杯」です。深い緑色をしていてまるで
宝石のようでした。でも、どこに口をつけて飲むのだろうか、お酒が好き、そして酒杯の
コレクションをしているワタシには疑問が残りました。






奈良国立博物館の庭園
f0374885_11133570.jpg
テラスに出るとこんなに広い庭がありました。茅葺き屋根の家は茶室です。






入江泰吉氏旧居
f0374885_11135746.jpg
写真家入江氏の旧居です。写真美術館が新薬師寺の西隣にあります。とてもモダンな建物で、
その写真を、私は携帯電話の待受け画面に使っています。
入江氏といい土門拳氏(酒田市)といい、どちらも立派な写真美術館をお持ちです。
ちなみにお二人の別名は、情趣の入江、写実の土門と言われていたような・・・??
奇しくも二人はほぼ同時期に文楽や奈良の仏像を写真に収めていますが、不思議なことに
二人が取材先で鉢合わせをしたという話を聞きません。心の奥そこでは互いに意識していた
に違いないと思うのですが、相手の写真をどう思っていたのかを知りたいところですね。
大きな声では言えませんが、両人はワタシの師匠なのです(勝手に思っているだけですが)。







f0374885_11141822.jpg
こちらのお店は、私が奈良を訪れた際には必ず立ち寄る“ギャラリーたちばな“さんです。
餅飯殿(もちいどの)商店街の一角にあります。主に陶磁器を扱っていて店の片隅では
美味しい珈琲を飲むことができるのです。以前はこちらで頻繁に陶磁器を購入していた
のですが、最近はちょっとご無沙汰ぎみです ^^;
唐津、萩、備前、九谷などの作家(ベテランから若手まで)の作品が手頃な価格で手に入れ
ることができます。店主の方が選りすぐった作品ばかりです。もちろんご当地奈良在住の
作家さんの作品もあります。
この日は本多亜弥さんの作陶展が二階のギャラリーで開かれていました。先だっての
日本工芸展で入選されていた方です。まずは本多さんに一年ぶりの挨拶を済ませてから
この店自慢の珈琲をいただきました。







f0374885_11144052.jpg



当日の万歩計歩数 : 18289歩
いつものことですが、結局昼ご飯と晩ご飯は兼ねることになってしまいました。
最後にレンズのことですが、お天気が良ければ結構使えます。しかし逆光や曇天
の下ではキビシイです。フレアーが気になる、コントラストが低いなどです。



色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り


[PR]
by kame-fukusima | 2017-11-08 15:08 | 古寺巡礼




京都 大原 三千院

恋に疲れた女がひとり・・・

   そんな歌が、しきりにラジオから流れていた時代があった。

   京都 洛北 曼殊院・・・

   ・・・という歌があっても良いと思うのだが・・・どうであろうか ^^;

   大原にしろ、高山寺、大覚寺にしても紅葉の時期には人が多く出る。
   曼殊院もその例に漏れないのだが、その時期を外せば静かなものである。
   付近には修学院離宮や詩仙堂などの見所もいくつかある。曼殊院から詩仙堂
   へ通じる田舎道からは、京都市街が見渡せるので洛北の雰囲気がまだ味わえる
   のだ。最寄りの叡山電鉄駅からは少し歩くことになるが、タクシーを利用すれば
   時間が稼げる。





写真を click すると画像が大きくなります


つづきます・・・



[PR]
by kame-fukusima | 2017-11-06 06:00 | 古寺巡礼

紅葉の真如堂を訪ねて



台風が過ぎ去った翌日には木枯らし1号が吹き荒れ、京都市内のあちこちで樹木の折れる被害
が出たようです。
秋晴れの昨日、真如堂の紅葉を観賞すべく久しぶりにカメラを持って散歩に出かけました。
散歩の道筋は、週に一度歩いているところなので撮影ポイントは頭に入っています。先週歩いた
際、使用するレンズも決めていました。銀塩カメラ時代に作られた“オールドレンズ”(カニ爪が
付いているmf仕様で優に30年以上前のもの)、ai-s nikkoor 135mm (1:2.8) と ai-s 24mm
(1:2.8)の二本です。カメラはd3300、iso感度200~400で撮影しています。

京都御苑蛤御門を起点にして切通しを東に抜け、鴨川に掛かる荒神橋を渡って近衛通りに出れば
あとは一本道を進むだけです。正面に吉田山、その向こうには送り火で知られる如意ヶ岳が
見えます。京都大学の吉田寮(旧三高寮)を左に見て、30分強で吉田山に到着します。
歩いてきた道は徒歩通勤で七年間利用していた道。吉田山の近くで働いていたのでこの辺りは
自分家の庭みたいなものです。
狙っていたポイントで、杖代わりに持ってきた一脚にカメラを取付けレンズは135mmを装着。
足場が悪いので一脚がフラフラし具合が悪いけれど、撮影終了。
次に真如堂へ向うべく宗忠神社の参道を通り、三重塔を目指しました。





真如堂遠景

f0374885_13224656.jpg



宗忠神社参道
f0374885_13230516.jpg



真如堂(本堂)
f0374885_13232027.jpg



三重塔
f0374885_13233687.jpg




f0374885_13235628.jpg





f0374885_13242891.jpg
三脚・一脚は使用禁止でした。




f0374885_13244297.jpg
紅葉にはまだ早いです・・・



万霊堂
f0374885_13250711.jpg



会津藩殉難者墓地
f0374885_13252540.jpg
真如堂から金戒光明寺へ抜ける道すがら、会津藩殉難者墓地があります。
幕末の荒れた都の治安維持のため、会津藩主松平容保公が京都守護職を命じられ、
金戒光明寺に一千名の藩士とともに陣を敷きました。“火中の栗”を拾ったと言われています。
松平容保公は、時の孝明天皇からいただいたご宸翰を竹筒に収め、肌身離さず、誰にも教えず
に死の床まで懐中に隠し持っていたそうです。そのご宸翰の内容は、忠誠を感謝する内容であったとか。
この墓地には、幕末の五年間に237名、鳥羽伏見の戦いで亡くなった藩士など115名の霊が
眠っています。
ちなみに容保公とともに会津若松鶴ヶ城で官軍と戦った『八重の桜』の主人公・新島八重(同志社
大学の前身をつくった新島襄の妻)は、夫とともに南禅寺の北方の山中に眠っているそうです。



f0374885_13254074.jpg
お二人は、ようやくこの墓地を探し当てた様子でした。





jazz spot YAMATOYA
f0374885_13260299.jpg
金戒光明寺を丸太町通りに抜けると、すぐに「YAMATOYA」さんにたどり着けます。
ここが私の休憩場所です。通い始めて40年は経ちますが週に一度行くようになったのは
最近のことです。以前は、年に一度くらいかな。
jazz spot といってもガンガン jazz を流すというのではなく、落着いた雰囲気でレコード
音楽と珈琲とお酒を味わうことができます。ママさんの笑顔に癒やされます。
この日は、日はまだ高いのにビールをいただきました m(_ _)m
カメラの使い方を思い出すのに、そして一ヶ月ぶりの撮影に疲れてビールが飲みたくなった
もので・・・



f0374885_13261791.jpg
スピーカーはあの vitavox klipschorn です。コーナーにペアで設置され、その間には
ピアノが置いてあります。春ごろにアメリカ在住の女流ピアニスト(山中千尋さん?)が
このピアノで、この場所でコンサートを開いたとか。
ちなみにスピーカーはマニア垂涎のvintageものです。


f0374885_13263698.jpg
たくさんのレコードが整然と棚に収納されています。





f0374885_13265207.jpg
上の写真は20年前、古民家で営業していたころの店内です。この席が特等席でした。
入口ドアのガラスに映る植物の揺れる影を見ながら珈琲を飲み、jazz を聴くのは
至福の時でした。
“古民家cafe”のはしりで府庁前にあった“モーツアルト”とYAMATOYA
さんが私のお気に入りでしたが、どちらの建物もすでにありません。
現在のお店は建て替えられたものです。

※当日の万歩計の歩数17906歩。寄り道が多かったです^^;


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り


[PR]
by kame-fukusima | 2017-11-03 15:41 | 古寺巡礼





f0374885_03375815.jpg






f0374885_03382225.jpg






f0374885_03384792.jpg






f0374885_16281758.jpg





ここに古の高台寺開山堂の写真がある。退色がすすんでいたが少しばかり手を加えてみた。
記憶によれば高台寺が一般公開を始めた頃(約30年前)の写真である。何かの参考になれば
と投稿をした次第(撮影時期は三月下旬かと思う)。・・・庭の芝生の手入れの跡が分る。

庭園は例に漏れず小堀遠州の作と伝わる。国の史跡・名勝に指定されている。400年前の姿
を今に止めるという。
楼船廊の中央に位置する観月台は、檜皮葺の四本柱の建物で三方に唐破風をつけた屋根の下
から観月するための建物である。これも伏見城から移築されたと伝わる。
ねね様は、この屋根の下で秀吉公を偲んでは偃月池(えんげつち)に映る月の姿を眺めていた
のであろうか。



[PR]
by kame-fukusima | 2017-09-30 05:00 | 古寺巡礼

京都と各地で見かけた光景を投稿します。リンクは自由です。


by kame-fukushima