世の人の心まどはす事、色欲にはしかず。

   人の心は愚かなるものかな。

   匂ひなどは仮のものなるに、しばらく衣裳に薫物(たきもの)すと知りながら、

   えならぬ匂ひには、必ず心どきめきするものなり。





   寂光院山門
f0374885_08425405.jpg
   本堂側から望む山門には、また違った趣がある。以前は結界が設けられており、ここを通ることは出来なかった。
   向かって左側の木は菩提樹。








   本堂前の庭園。
f0374885_08432111.jpg
   植込みにある南蛮鉄の雪見灯籠は、豊臣秀吉公の寄進により伏見桃山城より移されたと伝わる。








   鐘楼
f0374885_08434091.jpg
   汀(みぎわ)の池北側にある諸行無常の鐘楼。
   梵鐘は宝暦二年(1752)江戸時代の作である。








   茶室・孤雲の門
f0374885_08444246.jpg
   山門前、参道南側に入口と待合がある。








   御庵室遺跡に通じる小道
f0374885_08450425.jpg
   以前は公開されてはいなかった。是非ともお立ち寄りを勧める。

   寂光院のそばに一丈(約三メートル)四方の御庵室をつくり、一間を仏間に定め、
   一間を御寝所にしつらって、朝夕の御勤行や長時不断の御念仏を怠ることなく、
   月日を送られていた。
   『平家物語』より引用








   御庵室遺跡

f0374885_08452652.jpg


  後白河法皇が建礼門院さまの御庵室におはいりになって、襖をひきあけてごらんになると、襖には、

   思ひきや み山のおくに住居して 雲井の月を よそに見むとは(建礼門院) 
 
   としたためられてあった。そのそばは、建礼門院の御寝所と見え、竹の竿にの御衣、
   の御寝具などがかけられ、本朝漢土の粋を集めた、綾羅錦繍(りょうらきんしゅう)の御衣裳も、
   今は昔の夢と消え果ててしまっている。
   一部『平家物語』より引用







   建礼門院さまご使用の井戸遺跡
f0374885_08454702.jpg






   大原西陵入口
f0374885_08460712.jpg









            大原西陵参道
f0374885_08462766.jpg
             参道は長い石段が続く








   大原西陵
f0374885_08465067.jpg
   建礼門院徳子さまの墓所








   西陵の西に翠黛山の稜線を望む(手前の屋根は寂光院)

f0374885_08470921.jpg

   翠黛山には阿波内侍らの墓地がある。

   後白河法皇の突然の大原御幸の際、建礼門院さまがこの山に花摘みに行かれていた。
   「世をいとい出家した身とはいいながら、いまこのようなありさまを
   お目にかけることのはずかしさ、消えも入りたき心地ぞ」
   といい途方にくれて佇んでいた山である。









   侍従の墓地入口
f0374885_08472994.jpg









   翠黛山侍従の墓地参道
f0374885_08475090.jpg

   ここを訪れる人は稀である。








   侍従の墓地正面
f0374885_08490933.jpg










f0374885_08493687.jpg










f0374885_08495927.jpg

   墓地を山手側(裏側)より望む。一番左側が阿波内侍の墓と思われるが判然としない。

   撮影を続けていると、後ろの山の方から、それもそう遠くはない所から、

   篠笛のようなピーッという獣の鳴き声がひと鳴き聞こえてきた。

   どこかもの悲しくもあり、懐かしい感じもする鳴き声である。そう思わせる鳴き声なのが不思議である。

   声の主である獣を記憶の糸をたぐってみると、漸く思い出すことができた。

   それは牝鹿の鳴き声であった。

   
   夕方、庭に散りしく楢の葉をふみしだく音が聞こえたので、女院は、
   「世をかくれている者のところへ、何びとがたずねてきたのか、
   会うてならぬ者ならば、隠れます。佐(すけ)の局(つぼね)、見てきてくだされ」
   局が行ってみると、小鹿が通る足音であった。
   『平家物語』より引用

   










[PR]
# by kame-fukusima | 2017-05-23 21:36 | 古寺巡礼