はじめに  
  これから徐々にに投稿する写真は昔日に撮影したもののほんの一部なり。
芸術性はさておき、ある時代の記録として発表するのも意義のあるものではないかと煩悶するは幾年月。
一念発起し、過去に撮影したフィルムをデジタル化するも試行錯誤の繰り返し。
白黒フィルムといえども画像の劣化、カブリ、ましてやカラーポジフィルムの退色の速さには驚くばかり。
一連の現像処理の拙さか、或いは保存の仕方が悪いのか、
予想はしていたものフイルムの反り、酢酸の臭い、カビの発生には少なからず後悔するなり。

  投稿する写真は三十年ほど前、ひと冬の間折々に京都市内の気になる所を旅するように訪ね、
眼に止ったものを撮影したものである。テーマはこれといって…無い。
フイルムは散逸していたものを探しだしたものの、記憶に残る画像が多数無くなっている。
どうやら、いつまで経っても日の目を見ることが出来ないので、主人を見放し家出をしたようである。
そのうち帰ってくることを期待し、とりあえず投稿する。
写真から何かを感じとっていただければ撮影者冥利につきるというものだ。
  いまとなっては、どこで撮影したか不明なものが多数あり、その画像には撮影場所は記していない。
記しているものについても誤りがあるやもしれぬ。その節はご容赦願いたい。

「 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
      娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。
          おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。
             たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ 」



蓮華寺

f0374885_20031073.jpg










蓮華寺

f0374885_20061550.jpg
















       蓮華寺・おくどさん

f0374885_20080308.jpg










f0374885_20093433.jpg










f0374885_20103793.jpg










f0374885_20113113.jpg










宝泉院

f0374885_20122261.jpg










宝泉院

f0374885_20130726.jpg











f0374885_20134447.jpg










f0374885_20143124.jpg










f0374885_20145652.jpg











f0374885_20155153.jpg










f0374885_20163041.jpg









三千院

f0374885_20170731.jpg










          三千院

f0374885_20175239.jpg










           三千院

f0374885_20184030.jpg










         寂光院(本堂入口)

f0374885_20193700.jpg

         本堂は平成12年に焼失したが、すでに再建されている。本堂も
         撮影したがフイルム行方知らず











             大原西陵参道

f0374885_20201987.jpg












    建礼門院徳子の陵(大原西陵)

f0374885_20212958.jpg

          いわずと知れた平清盛の娘である














穴太積(坂本・門前町)

f0374885_20220685.jpg









          坂本・門前町

f0374885_20225193.jpg











坂本・とある寺院の石仏

f0374885_20233919.jpg













       延暦寺参道

f0374885_20241485.jpg











延暦寺

f0374885_20250605.jpg











西教寺

f0374885_20254434.jpg
     ふすま絵は狩野派の作








西教寺

f0374885_20263971.jpg









西教寺

f0374885_20271820.jpg











西教寺(明智光秀公とその一族の墓)

f0374885_20275660.jpg















 

[PR]
# by kame-fukusima | 2016-11-12 21:30 | 京名所巡り