大徳寺 高桐院

f0374885_20185459.jpg

竹垣の緑が眼に心地よい







大徳寺 髙桐院

f0374885_20192410.jpg

数年前、JRのCMで多くのひとに知られるようになる。好きな寺院のひとつである。
雨の日も趣があり素敵である









柴垣

f0374885_20194652.jpg

竹を編んだ大徳寺垣かと思ったが、よく見ると柴のようである。つい見過ごしてしまう









            釣瓶井戸

f0374885_20201081.jpg









大徳寺 石庭

f0374885_20203182.jpg









大徳寺 坪庭

f0374885_20205322.jpg









大徳寺 坪庭

f0374885_20211880.jpg










f0374885_20214064.jpg









           手水鉢

f0374885_20220863.jpg










f0374885_20223577.jpg









大徳寺 茶室

f0374885_20225626.jpg









          大徳寺 井戸

f0374885_20232375.jpg









竹垣

f0374885_20234682.jpg

見事な造りである。時折見かけるが何というのだろう







           大徳寺

f0374885_20241332.jpg

             山門付近で撮影した記憶がある。幹と葉から察すると杉のようである








大徳寺付近の家

f0374885_20243800.jpg

商家であろうか。小粋なつくりである











           大徳寺付近の家

f0374885_20250738.jpg

           暖簾が風流である










大徳寺付近の家

f0374885_20252912.jpg

商家のようである。小ぶりのバッタン床几が見える









             西陣 ひいや

f0374885_20255271.jpg



              西陣織で使うフネを作っているようだ。シャトルあるいはひい(杼)とも言うようである
              ドイツの詩人の詩に『シュレージェンの織工』というのがあったことを思い出す。
              西陣の狭い路地を歩いていると、あちこちからガッシャンガッシャンと機織りの音が
              聞こえてくる

             “…筬はとび 機台はうなる
                 夜も日もやすまず 織りに織る
                 ふるいドイツよ おまえの経帷子を織ってやる
                  三重の呪いを織りこんで
                   織ってやる 織ってやる ”







上賀茂民家

f0374885_20261399.jpg

上賀茂あたりで犬矢来があるのは珍しい。聞くところによると主人は数寄者だったようである









上賀茂民家


f0374885_20265974.jpg


綺麗な造りの民家である。今でもあれば良いのだが・・・









上賀茂社家

f0374885_20272414.jpg
 
よく知られた上賀茂神社の社家群である。川の名は御手洗川といい上賀茂神社の境内を流れてきている。
神官は社に向かう前にこの川の水で身を清めたという







上賀茂社家


f0374885_20274649.jpg

北大路魯山人は社家の生まれで、この近くに生家跡の碑ができたようである。
生誕からして謎の多いひとである









          鞍馬 瀧澤家住宅

f0374885_20282275.jpg

          撮影前夜雪が降ることを予想し、真っ先に向かったのがここである









鞍馬 瀧澤家住宅


f0374885_20285499.jpg

国の重要文化財。京の町屋形式を残している最古の住宅という。1760年(宝暦10年)の建造。
運がよければ内部を見学することが出来る。元は薪炭問屋だったという。鞍馬は京と若狭を結ぶ物流拠点









          鞍馬 由岐神社

f0374885_20303517.jpg

          鞍馬寺の中に神社が鎮座している。石段の上に建ち、舞台造りになっている。
          1610年に豊臣秀頼が再建。二本の杉の大木に圧倒される









鞍馬山 木の根道

f0374885_20310066.jpg

牛若丸が天狗相手に剣術の修行をしたのはこのあたりか。義経の背比べ石が傍らにある。
根が露出しているのは、下に岩盤があり根を深く張れないからという。根の上に積もる
新雪が溶けずに残っている。付近の極相林を通り貴船に降りる道がある。








芹生峠

f0374885_20315156.jpg

北山杉が美しいところである









芹生峠

f0374885_20322076.jpg

峠を越えると芹生の里である。冬季に自動車で行くにはタイヤチェーンを用意する必要あり








芹生の里

f0374885_20325634.jpg

旧花脊峠でバスを降り、1時間ほど歩き芹生の里に入ると先ずこの家が出迎えてくれる。
正月気分もそこそこに積雪を期待し出かけた。1月2日に撮影したものの1枚








芹生の里

f0374885_20332726.jpg

数軒の家が点在するが、冬季はひと気が無くひっそりとしている









芹生の里

f0374885_20335187.jpg









芹生の里

f0374885_20341245.jpg








花脊の里


f0374885_20344394.jpg

茅葺きの家は年々姿を消している。この家も10年ほど前にトタン葺きになっている。
20年ほど前の春の雨が降る夕方、かまどから出る煙を待ち続けていたことがある。
雨のせいで買ったばかりのカメラが故障してしまった思い出の家でもある








花脊の里


f0374885_20350668.jpg
















[PR]
# by kame-fukusima | 2016-11-26 06:20 | 冬の旅