<   2017年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

紅もゆる丘へ・・・



近ごろは、ごく普通に歩いていても若いひとに追い抜かれてしまう。
連れ合いと歩いていても追いつくのが大変。・・・こんなでは無かった。
その理由は分っている。
数年前、貧乏神だか、子泣き爺だか、得体の知れないモノが背中に取憑いたか。
それとも、疫神が私の身体を乗っ取たか、このどちらかである。
それからのことだ。

世間では、「終活」などと姦しいが。ワシに限っては、まだ早い^^;
中国のエライ人が弟子に向ってこう言っているではないか、
・・・・・・えーと・・・出てこない m(_ _)m

・・・で、一念発起!
今年から体力作りだぁ~。
何事もやり過ぎるのがワタシの短所。ランニングを始めれば、足の指を
疲労骨折、登山をやり出したと思えば膝を骨折と、家族からの評判は
よろしくない。なので、ぼちぼち体力作りをしよう、と。

手始めに、二日に一度京都御苑を一周していた。だけれど平地をいくら
歩いても足腰が強くなった気がしない。それで週に一度は少し離れた
小高い山、歌に歌われた「紅もゆる丘」・吉田山を選んだのである。
背中のリュックには、数冊の本とカメラを入れ身体に負荷を掛けた
(これが効果あり)。
出発地点は、京都御苑の西端いつも蛤御門から。
それでは、道みち “見どころ“ を紹介しながら歩こうとしよう・・・
(「京都御苑」「京都御所」の見どころは、「カテゴリー」から入って下さい)




紅もゆる丘の碑
f0374885_18045382.jpg
山頂の南にある





旧制三高の寮(現在は京都大学吉田寮)

f0374885_18052022.jpg
築100年を越える建物。吉田寮は「吉田構内」の南、近衛通りの少し北にある







f0374885_18054029.jpg







f0374885_18055871.jpg
かつては「京都織物」の寮だったものを移築したと聞くが、確認は取れていない







f0374885_18062007.jpg
※参考:かつて吉田寮入口にあった楽団などの練習場。焼失して今は無い






楽友会館
f0374885_18063662.jpg
散歩コースの近衛通りに面している。誰でも利用できる洋風レストランがある。手頃な値段なのでお薦め






吉田山入口
f0374885_18065994.jpg
今出川通りからの入口。吉田神社の参道にもなっている







f0374885_18071653.jpg
鳥居をくぐり、すぐ左手の小径を歩く。勾配がきついです






山頂展望台
f0374885_18074051.jpg








f0374885_18075794.jpg
展望台から望む如意ヶ嶽(大文字の送り火で知られる)







f0374885_18081293.jpg
山頂付近にあるcafe“茂庵”。「緊急避難小屋」として利用している





「逍遥之歌」石碑

f0374885_18083008.jpg







f0374885_18084523.jpg






吉田山三角点
f0374885_18090557.jpg
吉田山は標高100m強の山







f0374885_18092785.jpg
べつの道を通って山を下りる







f0374885_18094899.jpg







f0374885_18100848.jpg
ふだんは、こちらの道を利用して吉田山に登る。遠くに見える森は吉田寮のあたり


来年の夏は涸沢をベースに穂高で遊ぶぞー
※当日の万歩計歩数:13518歩

-私の2017-今年を振り返ろう
[PR]
by kame-fukusima | 2017-12-09 00:09 | 散歩

京都と各地で見かけた光景を投稿します。リンクは自由です。


by kame-fukushima