タグ:京都御苑 ( 3 ) タグの人気記事

楽園 晴れた日に


ほぼ毎日、夕方になると京都御苑を散歩することが日課になっている。
桜の季節が過ぎると、少しだけれど京都御苑に静寂が戻ってくる。その
頃、林床には一面に黄色い花が咲く。ウマノアシガタと言うらしい。名
前は可愛らしいとは言えないけれど、とても好きな花である。
同じころ、日差しの弱い林床に白い花弁のシャガが咲く。鞍馬や貴船あ
たりの川筋を歩くと沢山見かける花である。どちらも私の好きな花であ
る。この時期の京都御苑は楽園である。


f0374885_20003761.jpg




f0374885_20004986.jpg




f0374885_20005937.jpg




f0374885_20010723.jpg



f0374885_20011781.jpg




f0374885_20012603.jpg




f0374885_20013465.jpg




f0374885_20014272.jpg




f0374885_20015211.jpg




f0374885_20020316.jpg




f0374885_20021042.jpg




f0374885_20022459.jpg




f0374885_20023426.jpg




f0374885_20024379.jpg




f0374885_20025158.jpg







新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】
[PR]
by kame-fukusima | 2018-04-26 20:33 | 洛中洛外

雨の日 楽園への道


楽園へ通じる道?
f0374885_10213498.jpg




f0374885_10215861.jpg




f0374885_10221555.jpg




f0374885_10295060.jpg





f0374885_10234633.jpg

ユージン・スミス氏の写真に『楽園への歩み』という題の写真があることは
ご存知かと思う。植え込みの中から、明るい場所に出て行くわが子を後ろか
ら撮影したものだ(その写真は手書きで子どもの体の線を白く描き、逆光を
演出していたということを最近になって知った)。何かと物議を醸した写真
であり、他の写真家(福島菊次郎氏の「原爆スラム」で撮影した子どもの写
真は、スミス氏の写真からインスピレーションを得た、と本人から聞いたこ
とがある)に影響を与えた写真でもある。スミス氏の写真では、逆光を上手
く表現した写真が強く印象に残っている。

昨日の夕方、いつものように京都御苑を散歩しながら、“楽園” というイメー
ジが頭に浮かんだ。逆光と子どもが入った写真はものに出来なかったけれど、
人の少ない雨の日の夕方は、私にとっては “楽園” である。これで蓮の花でも
咲いておれば、浄土への道であり、二度と現世に戻って来れなかった所である^^;




[PR]
by kame-fukusima | 2018-04-25 21:03 | 京都御苑





晩秋の一日、とはいっても昨日のことだが、散歩がてら木島櫻谷展を見に
東山の会場へ足を運んだ。
ついでにカメラとオールドレンズのテストを兼ねて道々撮影をしてみよう、
と思い立ったのである。
初っぱなから京都御苑で時間を食ってしまった。まだまだ紅葉が楽しめたのである。
これは嬉しい誤算である。
逆光に輝くエノキの黄葉が目に眩しい。
これまたついでに、画面に太陽入れて“幽霊”が出るか試してみた。
同時代のレンズとコーティング
が違うなとは思っていたが、まずまずの結果である。
※(ai 35mm,f2.0 s d5500)
・・・・・・
いつもの夷川ダムである。
朝っぱらから撮影するのは初めてかもしれない。
街中に三つの水力発電所のあることを、京都市民でさえ知っている者は
少ないのではないだろうか。
この辺は桜の名所でもある。
暮れなずむ時間帯、琵琶湖疎水を前に、夕日を背に桜並木を眺める
ひとときは至福の時間である。
知っている人は、知っている場所である^^;
・・・・・・
疎水べりになじみの家がある(有形文化財になっていたような)。
いつも前を通るたびにカメラのレリーズに指がかかる場所である。
空屋だとばかり思っていたが、表札が掛っていた。窓にはカーテンも。
これはまずいな、撮影をしていると不審者と間違えられそうだ。
実は、数十年前から京都の民家を撮り続けているのだ。
いずれこの町並み、この家も茅葺きの家同様に無くなってしまうだろう、
と思い撮っているのであるが、どこで発表しようか迷っている。

・・・・・・
「木島櫻谷展」である。
以前に見ている屏風が気になり、もう一度見てみたいという欲求が現れた。
それはNHKの美術番組の影響であった。
会場は「泉屋博古館」という。若い頃は“いずみやはくこかん“
と間違って読んでいた^^;
正しくは、「せんおくはくこかん」である。
青銅器のコレクションで有名な、住友コレクションが常設展示されている。
・・・・・・
『寒月』! これだけは是非とも見ておきたい。
櫻谷は実に自然をよく観察している。
雪の積もった人里近くの夜の竹林。雪の重みで折れた竹があることから既に
厳冬期は通り越し雪解けが始まっている。竹の周りは少しだけ窪んでいる。
このくぼみは、春先に積雪の山を歩いていると見かけるものだ。
日の光を浴びた幹の熱が雪に伝わり溶かしていることを表している。
飢えた狐の足跡が雪上に点々と存在する。なんの足跡か・・・
狐の目はそれまでの櫻谷の描く動物の目とはまったく違う。
鋭い目つきであたりを睥睨している。この狼の姿は壮年期の孤独な櫻谷のように見える。
どこからでも掛かってきなさい、と挑むかのようである。
・・・・・・
漱石先生はこの作品を酷評したという。
あの世でも未だに酷評しているのだろうか・・・

※いつもの妄想なので無視してください

・・・・・・

京都御苑

f0374885_06212974.jpg









f0374885_06225448.jpg







f0374885_06231231.jpg







f0374885_06232990.jpg







f0374885_06234520.jpg







f0374885_06240171.jpg







f0374885_06241922.jpg





夷川ダム

f0374885_06243846.jpg







f0374885_06245490.jpg







f0374885_06251363.jpg






民 家







泉屋博古館

f0374885_06255031.jpg







f0374885_06260850.jpg







f0374885_06262309.jpg







f0374885_06264036.jpg

当日の万歩計歩数:17544歩

40年前のニッコールレンズ、侮れません



色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り


[PR]
by kame-fukusima | 2017-11-29 08:11 | 洛中洛外点描

京都と各地で見かけた光景を投稿します。リンクは自由です。


by kame-fukushima